大谷幸と『Hyper Little Toy's(旧まくらのそうし)』Voc:愛華 Pf:大谷幸


『Hyper Little Toy's』と作曲家『大谷幸』のブログです☆♪☆                                   
by ohtea

<   2007年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

今年の締めくくり

     横浜のKIng's Barでの、
     『枕草子』のライブ♪♪♪
     今年を、締めくくるに、ふさわしい、
     気持ちのいい、ライブになった!!!。

     今まで以上に、聴きに来てくれている人々に、
     支えられ、信頼しあって、
     空間を共有できてるなぁと、
     演奏しながら、感じることが、できたライブだった。
     めちゃくちゃ、嬉しい!!!!!。

     しかし、ライブって、不思議なもので、
     決して、ピアノのコンディションは、良くなかった。
     ハンマーの音はするし、調律も、どんどん狂ってくるし、
     ミキサーは、6チャンネルだけ、
     店も、年末に、空調が壊れたり、暖房が壊れたり・・・・・。

     でも、これ、悪口じゃぁ、ないんだ。
     すごく、いいライブができて、また、King's Barで、演奏したい。

     完璧な、コンディションだから、いいライブができるとは限らなくて、
     その、厳しい状況や、苦しい中で、「何ができるか!」。
     それが、いい結果を生む事が、多い。

     そして、何よりも、空間が、温かかった。
     人々の、心が、優しく、温かかった。
     その波動が、僕らを「開放」してくれた。

     本当に、本当に、今日いてくれた、
     全ての人に、感謝・・・・・。
     ありがとう。

     来年も、『枕草子』を、よろしく!!!!!。

     もひとつ!!!。
     すごく遠くから、来てくれた方々。
     ありがとう。

     そして、そして、最後に、
     み・な・さ・ん・・・・・よいお年を!!!!!。
[PR]
by ohtea | 2007-12-30 01:43 | 大谷幸の森(日記)

2007年ありがとの森。 

2007年今年の♪最後のライブ~♪
横浜Kings‘ Barにて枕草子の音楽をたっぷりと届けにまいります。
音楽で今年をしめることができまして、感謝と喜びとで、胸がいっぱいです!!☆☆☆☆☆

本当にみなさま、ありがと。
2007年ありがと。
音楽、ありがと。
[PR]
by ohtea | 2007-12-29 13:32

Merry Christmas☆

私には、甥、姪と、ちびっ子3人組がいる。
いわいる私はおばさんの立場に、早くも高校生の頃からなっているのだが、そのなかで小学校4年になる甥は、今、ものすごく気になっている事がある。それはサンタクロースはいるのか?という事。バランスを保ちながら積み上げてゆくJENGA GAMEで遊んでいたが、木をそっとぬき、空いた空洞の向こう側で、そっと疑問を抱え半信半疑でグラグラしている甥は、
今宵=Christmas☆という一年に一度の夜を寝ようか半目をしようか(プレゼントをもらうか☆サンタを見るか)で、悩んでいる。
でもたぶん、パタリと寝てしまって朝にはプレゼントを抱え上機嫌な笑顔で、そんな疑問は吹っ飛ぶであろう姿が目に浮かぶ☆
そして、サンタさん??の疑問の空洞は、そっとそっと静かに、そしてーいつか思いやりという心となり、次の世代への夢の架け橋に、なればよいな~と、私は思う。


思いやる心の持ち主を、”サンタ”と、いうのかもしれない・・・・・
もしかしたら・・・・・☆


愛を込めてーHappyなChristmasを。。。。。☆
[PR]
by ohtea | 2007-12-25 02:29

King's Barのライブ

     横浜の「KIng's Bar」のライブ。
     本当に、今年、最後を飾る『枕草子』のライブの席が、
     あと、5席程で、満席です!!!!!。

     のんびり、しっとり、深く・・・・・。
     音楽に包まれたいなぁって、思ったら、
     年末を、今年と来年に、想いを馳せながら、
     身を委ねに、来てください♪♪♪

     12月29日〜King's Barにて。
           詳しくは、ライブ情報にて!!!!!。
[PR]
by ohtea | 2007-12-24 21:21 | 大谷幸の森(日記)

ツアー終了

     河口恭吾くんの、ライブ・ツアーが、無事終了し、
     今日、博多から戻った。

     河口くんも含め、3人だけで回った今回のツアー、
     自分的には、かなり味わい深いものとなった。

     満ち足りた中からは、本当の創造は生まれない!!!。
     「ない」からこそ、求め、探し、感じ、
     何かが、生まれて来る。
     そして、埋め尽くせないから、空間が広がる・・・・・そして、
     人は、そこに音楽をみつける。

     いいツアーだったなぁ〜♪♪♪☆

     スタッフの皆さん、各地の方々・・・・・。
     ありがとうございました!!!。
     お〜つ〜か〜れ〜さ〜ま〜〜〜。
[PR]
by ohtea | 2007-12-24 00:50 | 大谷幸の森(日記)

庭の幸

     スピーク・イージーから、
     庭で採れた、ミカンが、送られてきた。
     自然が、部屋に入り込んだようで、清々しい。

     ゆず・温習みかん・いよかん・はっさく・レモン・
     レモンのそっくりさん?。

     香り豊かに、冬がきた。
[PR]
by ohtea | 2007-12-21 22:52 | 大谷幸の森(日記)

呼吸

     デビット・T・ウォーカーの、ブルー・ノートでのライブを、
     久しぶりに、聴きに行った。

     と言うより、考えてみると、
     ドリカムのコンサート・ツアーで、3年程、
     一緒に演奏をするという、すばらしい経験をさせてもらっていたので、
     「久しぶり」という感覚になっていたのだが・・・。

     実は、デビット・T・ウォーカーのライブに行くのは、
     初めてなのだ。

     早めに行って、列に並び、開場と共に、
     真ん前の席を、選んだ。
     もし、デビットが気付いたら、演りにくいかな?
     とも思ったけれど、その席にしてよかった!!!

     彼の音色・ダイナミクス・グルーブ・人柄・・・。
     その全てが、一緒に演奏しても、聴いていても、
     人を「音楽」の中に引きずり込む。
     ものすごく自然に、優しく、包み込んでくれ、
     知らないうちに、「いい演奏・いい音楽」を、教えてくれるのだ。

     今回、真ん前の席で一番、聞こえて来たもの。
     それは、『呼吸』だった。
     アンプから聞こえてくる、ギターの音。
     生音で、ビシバシ聞こえるドラムの音。

     それよりも、もっと、彼の「音楽」のタイミングの命である、
     「呼吸」が、今でも、耳に残っている。

     彼はいつも、語らず、「音楽」を教えてくれる。
     ありがとう!!!デビット♪♪♪

     
[PR]
by ohtea | 2007-12-21 10:03 | 大谷幸の森(日記)

デビット・ティー・ウォーカー♪

ブルーノート♪にデビット・ティー・ウォーカーさんの演奏♪を聴きにゆきました☆
それはーそれはーとっても優しい音で、空気や全てを包み込んでくれました。楽器を越えて、それは身体の一部になってらっしゃる。
音楽は魂~♪

きっとデビットさんの心は、とっても柔らかで温かく優しいんだなぁ~と、私は思いました。

勝手ながら。。。恐縮。そして、感動!!

音楽は素晴らしい生き物。生もの。
それを、私は食べる。生きる。産み出す♪♪♪
[PR]
by ohtea | 2007-12-20 13:17

☆♪おかえり!!☆

無事、日本に帰国!!!

素晴らしい音楽と素晴らしい周りの人達の愛情に支えられ、無事に私は初☆海外公演オーストラリア♪で歌うことができました!!
そしてー沢山の事を感じ、学ぶことができました♪。
言葉では言い表せないほどに本当に感無量です♪
YURAさんをはじめ、ジェームス、ヒュー、
ミーナ、ジェシカ、ジョシュア♪
斉藤社長ご夫妻、他スタッフの方々、来てくださったお客さん皆々様☆

そして、そしてー大谷さん☆に

心から感謝しています♪☆♪☆♪☆

まだまだまだの、私ですが♪これからもどうぞ宜しくお願いします。
素晴らしく素敵な音楽の旅と、時間を、ありがとうございました♪☆

また、逢いましょう☆☆☆☆☆いや!逢いたい☆☆☆☆☆絶対、逢う!!☆☆☆☆☆

そして、YURAさん、ミーナちゃん1月10日の枕草子ライブ♪でのゲスト出演♪日本で楽しみに待っています♪☆
[PR]
by ohtea | 2007-12-19 14:39

ただいま♪♪♪☆☆☆

     オーストラリアの、4回公演から、無事、帰国。

     確実な第一歩を踏み出し、来てくれた人、全員が満足し、
     確実な手応えと、多くの事を学んだコンサートとなった。

     生まれて、初めて弾いたパイプオルガンの、オリジナル・ソロ曲は、
     自分でも興奮して、楽しくて、
     初めて弾くプレッシャーなど、さっさと吹っ飛んでしまい、
     海外での、初のソロ・コンサートを、
     華々しく、スタートさせられた。

     続いて、書き下ろしの、バイオリン・ソロ曲。
     国際コンクールで弾いても良いような、
     超絶技巧的な曲だが、憂いのある、深い曲だ。

     3曲目は、ピアノとバイオリンと、チェロのトリオ曲。

     ここまでで、現代音楽的な緊張した時間が、30分ほど続く。

     そこからは、『灰羽連盟』『灼眼のシャナ』『ワンダと巨像』の、
     サウンド・トラックの演奏が始まり、
     穏やかで、美しく、あるいは、軽くユーモアのある世界が、
     聴く人々を、楽しませた。

     後半は、いよいよ『枕草子』の登場。
     こちらも、当然、海外初コンサート。
     緊張の一瞬・・・・・。

     ボーカルの愛華が歌い出すや、
     聴く人々は、吸い寄せられ、
     寝ていた子供は、パッチリと目を覚まし、
     そうとう緊張していた愛華も、堂々と歌いきり、
     温かい感動の拍手に、包まれた。

     アンコールは、「ジェリービーンズの森」。
     そして、「神の島」では、クラシック・ホールらしからぬ手拍子で、
     決して、満員とは言えない会場が、盛り上がった。

     なかでも、愛華の歌と、「ジェリービーンズの森」の評価は、高い。
     日本で、なかなか理解されず、受け入れられなかった曲が、
     コンサート終演後の、ホーム・パーティーでも、
     疲れとワインでしびれた身体のまま、
     「もう一回聴きたい」とのアンコールに答える事となった。

     朝、日本で目覚め、寒い部屋で、これを書いている。
     あぁ、すでに、初夏のオーストラリアが、なつかしい・・・・・。

     オーケストラのリーダーであり、バイオリニストである、YURAさん。
     難しい曲を、時間がない中、素晴しい表現をしてくれた!!!
     そして、全てのミュージシャンとスタッフに、感謝♪感謝♪

     来年も、行くよ!!!

     アッ。思い出した〜〜〜!!!。
     1月10日の、下北沢440での、『枕草子』のライブに、
     その、YURAさんと、チェロのミーナが、急きょ、
     ゲスト出演 決定!!!
     こうご期待あれ〜〜〜!!!。
     
[PR]
by ohtea | 2007-12-19 10:22 | 大谷幸の森(日記)


カテゴリ
最新のトラックバック
以前の記事
Link
English Version

  • DCTgarden.com
    (Artists > music > Kow Otani)


  • ♪ユラユラ手帳
    ライフログ
    検索
    人気ジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧